目立たない矯正とは

Invisible correction

新しい矯正の選択肢

「見た目を気にせずに矯正ができる・・・」そういったお声を頂いている新しい矯正の選択肢です。当院では「マウスピース矯正」「裏側矯正」を中心に取り扱っています。

目立たない矯正

  • Invisible correction

    デメリット

    従来の矯正治療では「装着している期間が長い」「口元が気になってしまう」「見た目が良くない」といったデメリットがありました。
    矯正を考えている患者様はもともと口元が気になっている方が多く、治療期間中の見た目面での引け目が大きかった部分がありました。矯正は見た目だけでなく、全身の健康に関わる重要な治療です。費用も安くはありません。そういった条件の中でいかに患者様の要望に応えられるかが歯科医療の課題であり、今現在でもそういった患者様の要望に応えきれていないのが現状です。

  • Invisible correction

    目立たない矯正について

    鹿児島の歯医者として、私たちは患者様に最適な歯科医療をお届けするために日々精進してきました。そして、その一つが「目立たない矯正」です。従来の矯正は「目立つ」「気になる」が当たり前で、「やりたいんだけど・・・。」という声がたくさんありました。鹿児島の歯医者さんとして現在まで医療を提供していましたが、実際の患者様でも同じような悩みで矯正を断念するという方がいらっしゃいました。そんな中で、私たちは鹿児島の歯医者さんとして地域の方々に満足していただける矯正をお届けしたいと思っています。目立たない矯正は、当院の得意分野でもあります。具体的には「マウスピース矯正」「裏側矯正」といった治療法があります。矯正と言えば、歯の表面に矯正器具を装着する「表側のワイヤータイプ」をみなさんは連想されるかと思いますが、「裏側矯正」では歯の裏面に矯正装置を装着するので、まず目立つことがありません。「マウスピース矯正」も透明なマウスピースを使用するため、装着していても気づかれにくいというのが特徴です。

  • Invisible correction

    メリット

    目立たない矯正は、とにかく一般の生活になじみやすいというところが一番のメリットです。
    見た目に関しては、ほぼ通常の見た目と変わらず治療を行うことができます。矯正治療は長い期間がかかります。そのため、治療期間中の生活面での影響をなるべく受けないような治療を選択することが、満足のいく矯正治療につながります。
    一番大切なことは、自分自身が満足のいく治療法を選ぶということです。詳しい専門医の説明を聞いたうえで、治療法を選ぶことをおすすめします。