裏側矯正

Demerit

従来の矯正のデメリット

鹿児島の歯医者として、私たちは患者様に最適な歯科医療をお届けするために日々精進してきました。そして、その一つが「目立たない矯正」です。従来の矯正は「目立つ」「気になる」が当たり前で、「やりたいんだけど・・・。」という声がたくさんありました。鹿児島の歯医者さんとして現在まで医療を提供していましたが、実際の患者様でも同じような悩みで矯正を断念するという方がいらっしゃいました。鹿児島の歯医者さんとして地域の方々に満足していただける矯正をお届けしたいと思っています。目立たない矯正は当院の得意分野でもあります。具体的には「マウスピース矯正」「裏側矯正」といった治療法があります。従来は歯の表面に矯正器具を装着する「デーモンシステム」をみなさんは連想されるかと思いますが、「裏側矯正」では歯の裏面に矯正装置を装着するので、まず目立つことがありません。「マウスピース矯正」も透明なマウスピースを使用するため、装着していても気づかれにくいです。

裏側矯正のメリット

  • Back correction

    「正面から見えない矯正」

    裏側矯正に関する最大のメリットは、正面からほぼ見えないという審美面の要素が一番大きいです。
    通常の矯正であれば歯の表面に矯正装置を装着するため、見た目が良くない、矯正装置が光って目立つ、そういった意見をたくさんいただいていました。しかし、この「裏側矯正」であれば、そのような悩みはありません。接客業の方や人と顔を合わせる際に口元が気になる方にとっては、画期的な矯正治療の一つだと言えます。当院でも「裏側矯正」をオススメしています。真に患者様に喜んでもらえる矯正治療の一つだと確信しているからです。

  • Back correction

    「矯正中に虫歯のトラブルが起きにくい」

    「裏側矯正」のメリットとして挙げられるのが、虫歯トラブルが起きにくいという点です。
    通常の矯正を行う場合は、歯の表面に装置をつけるため、どうしても歯磨きが不十分になるケースが大多数です。
    特に歯の表面は、歯の裏面と比較してエナメル質が約3分の1しかないので、虫歯になる危険性も高いのです。しかし、「裏側矯正」であればそのエナメル質の薄い表面部分の歯磨きは十分に行えるため、虫歯になるリスクも低いです。
    矯正治療中の虫歯というものは非常に厄介です。矯正治療をいったんストップしたうえで治療し、矯正を再開するという方法が必要となるためです。こういったものが続けば続くほど、矯正治療の長期化につながってしまいます。そういった観点から見ても、「裏側矯正」は患者様に優しい矯正と言えます。

  • Back correction

    「一人一人に対しての徹底的な
    カウンセリング」

    当院では、矯正治療をご希望の患者様には徹底的なカウンセリング・ヒアリングを行っています。矯正治療は直接患者様に関係するものです。患者様のご要望・生活スタイルなどもしっかりとお聞きしたうえで最適な治療のアドバイスをできるよう心がけています。また、無料相談会も実施しているので、気になる方はぜひ、ご相談ください。